インプラント
セカンドイメージのドロップシャドウ
自由が丘 歯医者・歯科の口コミ・評判
メイン部分のトップ

こんなによくなる治療例

>インプラント症例その1

>インプラント症例その2

>インプラント症例その3

>インプラント症例その4

>インプラント症例その5

>インプラント症例その6

インプラント症例その1

59歳女性

主訴

左下詰め物取れた


問題点

下顎臼歯部の咬合が欠如しているため、上顎の臼歯部が提出(下に延びてしまっている)。またそのため常に前歯で噛むため、前歯が押し出され「隙きっ歯」になってしまっています。


治療方法

下顎臼歯部に歯を入れる為に上顎臼歯部の治療を行い、全体的な噛み合わせの治療を行う。

下顎臼歯部にインプラント処置を行い、インプラントの上部構造(差し歯)を入れるスペースを作る為、上顎臼歯部の虫歯・神経の処置を行い歯肉の外科処置を行いました。写真は左側ですが、右側も同様の処置を行いました。

インプラントが骨と結合し、差し歯が入れられる状態になった所で、差し歯・インプラントの型を採取し、噛み合わせの平面を整えるために、フェイスボウというものを採取した状態です。

上下の臼歯部に差し歯が入った状態です。これで、バーチカルストップという物が付与され、臼歯部の咬合が安定しました。

上下の臼歯部に差し歯が入ったため臼歯部の噛み合わせが安定したので下顎の矯正を開始しました。

下顎矯正が終了した状態です。上顎の隙間は、コンポジットレジンという樹脂を用いて隙間をなくしました。
右下の写真は、矯正後の後戻りを防止する、リテーナーという装置を入れた状態です。

ページのトップに戻る

メイン部分のボトム