むし歯・歯周病
セカンドイメージのドロップシャドウ
自由が丘 歯医者・歯科の口コミ・評判
メイン部分のトップ

むし歯・歯周病治療

>むし歯予防

>歯周病予防

>MFT(口腔筋機能療法)

予防歯科とは

予防歯科とは、むし歯などになってから治療するのではなく、なる前の予防を大切にすることです。
日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「虫歯や歯周病にならないため、健康な歯のお手入れをするところ」という考え方が一般的です。
下の図からもわかるように予防歯科が浸透しているかいないか、その違いが残存歯数の差になっているのです。

多くの歯を失う原因は年齢ではなく、虫歯や歯周病などの感染症によるものです。

また歯は弱い力でも動いてしまうため、咬み癖があったりお口まわりの筋肉がうまく使えていないと歯並びが崩れたり、顔がゆがむ原因にもなります。
すなわち、ひとたび進行してしまうといくら時間とお金を使っても元の状態は取り戻せない疾患なので、症状が出る前から予防し、出来る限り手を加えずに定期管理で診ていく事が大切です。

ページのトップに戻る

予防歯科を進めるためには?

まず検査を行い口腔内の状況を知る必要があります。

お口の中の環境はみなさん異なりますので予防方法も異なります。
検査によってむし歯や歯周病に対するリスクを診断し、個人に合った予防計画を立てて効率よく予防歯科を進めましょう。

当医院では
*むし歯予防のための唾液検査
*歯周病予防のためのリスク検査<OHI-S>
*口腔筋機能療法予防
をもとに予防歯科を進めています。

検査結果をもとに立てられた予防計画に基づき歯科医院でのクリーニング「プロフェッショナルケア」と、歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、予防歯科を実践しましょう。

ページのトップに戻る

メイン部分のボトム