矯正歯科
セカンドイメージのドロップシャドウ
自由が丘 歯医者・歯科の口コミ・評判
メイン部分のトップ

医院の特徴

>初診の流れ

>インプラント

>審美歯科

>噛み合わせ外来

>むし歯・歯周病治療

>矯正歯科

>予防歯科

>唾液検査

>クリーニング

>ホワイトニング

>歯周外科

>無痛治療

>小児歯科

>CT検査

>アンダーアーマー

>MFT(口腔筋機能療法)

MFT(口腔筋機能療法)とは

簡単に言うとお口の周囲のバランスを整えるトレーニングです。お口の周囲には様々な筋肉がありそのバランスがくずれると咀嚼や発音、歯並び、顔のバランスに悪影響を及ぼします。

ページのトップに戻る

MFTの目的

  • 舌の筋肉の力を強める
  • お口の周囲の緩んだ筋肉の強化
  • または、過度に緊張している筋肉をリラックスさせる
  • 正しい嚥下を覚える
  • 矯正の後戻りを防ぐ
  • フェイスラインを引き締める
  • 不正咬合の原因の一つでもある舌癖や口腔習癖を防ぐ
  • 口呼吸によるドライマウスの改善

目的は、様々で数え切れないほどの理由があり、ほとんどの人がMFTの対象になると言われています。

ページのトップに戻る

MFTの治療方法

お口の状態によってトレーニング内容は異なります。
状態にあった50通りのトレーニングから選びます。例えば筋肉のバランスを整えるトレーニング。咀嚼や嚥下のトレーニング。舌や唇が正しい位置を保つトレーニング…
テキストを使って行っていきます。

MFTの効果

トレーニングによってバランスを整え新しい習慣を身につけることで様々な効果を期待できます。

〈お口の中の改善〉

  • 不正咬合の予防
  • 口腔周囲筋をバランスよく鍛えることで歯並びの乱れを予防する
  • ドライマウスの改善
  • お口の中が乾燥しにくくなるので舌痛症の改善
  • 入れ歯の安定

〈それ以外の改善〉

  • 口呼吸の改善
  • 舌突出癖や口唇力を鍛えることによって様々な改善
  • 食べ方の改善
  • 滑舌が良くなり話し方の改善
  • フェイスラインの引き締め

正しい安静時の状態

  • 舌先がスポットについている
  • 口唇は軽い力でとじている
  • 上下の歯の間は数ミリ空いている
  • 鼻呼吸

正しい嚥下

  • 舌尖はスポットについている
  • 嚥下時に臼歯を噛みしめる
  • 舌後方部が挙上し軟口蓋と接する

レッスン内容(一部)

レッスンの目的
①お口周りの筋肉を強くする。
②リラックス時の正しい舌や唇の位置を覚える。
③正しい飲み込み方を覚える。

➊口を大きくあけ、スティックをスポットなや軽く押し当てる。5つ数える。
➋スティックを外し、舌尖をスポットにつけ5つ数える。
姿勢を良くして鏡を見ながら➊➋を交互に10回行います。

他に数十種類のトレーニングがあります。
個々に合わせて術者が選んですすめていきます。

治療の流れ

①検査→②診断→③通院→④自宅で練習→⑤ ②~③を繰り返す。

当医院ではMFTのDVDや口腔保護枕を販売しています。

ページのトップに戻る

メイン部分のボトム