むし歯・歯周病
セカンドイメージのドロップシャドウ
自由が丘 歯医者・歯科の口コミ・評判
メイン部分のトップ

むし歯・歯周病治療

>初診の流れ

>インプラント

>審美歯科

>噛み合わせ外来

>むし歯・歯周病治療

>矯正歯科

>予防歯科

>唾液検査

>クリーニング

>ホワイトニング

>歯周外科

>無痛治療

>小児歯科

>CT検査

>アンダーアーマー

一般歯科とは…

一般歯科とは…

いつまでもご自身の歯でお食事を楽しめるよう、当院では悪い歯の早期発見、早期治療はもちろんのこと、患者さんのお口の健康に努め、患者さんにご理解・ご協力を得ながら、かかりつけ歯科医として、信頼される歯科医療を目指してききたいと考えています。
歯科治療を大きく分けると一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科に分類されます。一般歯科とは虫歯の治療、歯周病の治療、歯の根の治療、入れ歯の治療などをさします。つまり最も需要の多い通常の歯科治療です。

ページのトップに戻る

虫歯治療

C1の治療

歯に小さいくぼみが出来ていますが、歯の象牙質や神経までは進行していませんので痛みは特に無い状態です。

治療法

むし歯に犯された部分を削り取り、その部分を金属や樹脂で塞ぎます。

対処法

  • 正しいブラッシング指導を受け、毎日ケアする
  • キシリトール配合の歯磨き粉やリンス剤(うがい薬)を使用し予防する
  • フッ素コーティング等の予防治療を受ける
  • 定期検診を受け、むし歯の進行状況を確認する

C2の治療法・症状

むし歯が象牙質まで進行しています。歯の痛みを感じる状態です。キリキリしたり、冷たいものを口にするとしみたりします。

治療法

むし歯に犯された部分を削り取り、削った部分を詰め物がしやすいように形を整えます。後日詰め物を入れる場合は、いったん仮の詰め物を入れて、後日詰め物が完成したら来院し歯と詰め物を接着剤で固定します。

詰め物について〈症状によっては被せ物)

保険治療の場合
金属や樹脂で埋める方法が一般的

自費治療の場合
より精度の高い技工物(歯との隙間が出来にくいもの)や、歯と同色の白いセラミック(陶器)等を使用して埋める方法がある

C3の治療法・症状

むし歯が歯の神経(歯髄)まで進行しています。歯の痛みをかなり感じる状態です。以前に治療を受け神経を抜いてしまった人や、むし歯が進行して神経が死んでしまった状態です。

治療法

むし歯に犯された部分を完全に削り取り、歯髄を消毒します。削った部分を被せ物がしやすいように形を整えたり土台を入れます。後日被せ物が完成したら来院し歯と被せ物を接着剤で固定します。

詰め物について〈症状によっては被せ物)

保険治療の場合
金属や樹脂で埋める方法が一般的

自費治療の場合
より精度の高い技工物(歯との隙間が出来にくいもの)や、歯と同色の白いセラミック(陶器)等を使用して埋める方法があるっている場合は痛みを感じませんが、他の健康な歯へむし歯が感染する可能性がある危険な状態です。

C4の治療法・症状

むし歯が完全に進行してしまい歯の根しか残っていません。あごの骨までむし歯が進行しているとひどく痛んだり腫れたりします。

治療法

むし歯が完全に進行してしまい抜歯を行ないます。

抜歯後の治療方法

ページのトップに戻る

歯周病とは…

歯肉炎
(歯肉ポケット2~6mm)
軽度歯周炎
(歯周ポケット3~5mm)
中等度歯周炎
(歯周ポケット4~7mm)
重度歯周炎
(歯周ポケット6mm)
歯肉にプラークがたまり、歯肉ポケットになります。場所によっては歯石も少し付きます。まだ、歯槽骨(歯根膜)は破壊されていません。 歯肉の腫れが強くなり、歯周ポケットを形成します。ポケット内部にはプラークや歯石がたまります。歯槽骨(歯根膜)も破壊され始めます。 炎症はさらに広がって歯槽骨の破壊も根の長さの半分くらいまで進み、歯がぐらぐらし始めます。歯肉が少し下がってきます。 歯槽骨は半分以上破壊され、歯はぐらぐらです。

歯周病とは、歯を支える周りの歯槽骨が減り、歯が最終的には脱落する病です。歯槽骨が減るのは歯の周りに炎症があるためです。歯周病を予防するには、一番はもちろんブラッシングですが、食生活も見直す必要があり、食生活を踏まえて日常生活での生活習慣全般を見直せば、全身的な健康にもつながります。歯周病の原因は歯の汚れである歯垢(プラーク)です。ネバネバしたタンパク質の膜で覆われています。歯垢のネバネバした性質が歯垢除去を不完全にしています

危険要因(リスクファクター)

歯周病はプラークの中の細菌が原因であることが知られています。しかし近年では、疾患を進行させる原因としては、他にも多くの要素が関わっていると言われるようになっており、それらをリスクファクターと呼びます。リスクファクターは下記のようなことが原因で挙げれています。

口腔内の不衛生、唾液量が少ない、歯並びが悪い

これらに該当する人は、歯垢がたまりやすく、リスクが大きいと言えます。

喫煙

ニコチンは歯に歯垢を付着させやすくし、免疫力も低下させると考えられています。

ストレス

精神的・肉体的なストレスは、唾液の性状を変えたり、免疫力を低下させます。

口呼吸

鼻ではなく口を中心に呼吸する人は、口の中が乾燥して、唾液の働きが弱まります。

妊婦・思春期の女性

歯茎から染み出る体液と女性ホルモンが混ざると歯周病菌の増殖を助けるとされています。

糖尿病

糖尿病の高血糖や血液中のブドウ糖のアンバランスが歯周病を起こしやすくすると同時に、歯周病になると血糖値コントロールを阻害するとされ、糖尿病のリスクにもなっています。これ以外にも色々な原因があります。

歯周病治療の流れ

1.緊急処置

痛みがある時など、必要な場合に行ないます。

2.検査

現在の状況を正しく検査し、治療計画を立てます。検査の内容としては

  • X線写真
  • 歯周ポケットの測定
  • 歯肉からの出血
  • むし歯の状況・検査
  • 咬み合わせの検査などを検査します。

検査の結果に基づいて、治療計画を作成します。又、現在の状況や今後の予定などを患者さんに説明し、ここから歯周病の治療が始まります。

3.プラークコントロール(ブラッシング指導・練習)

現状、患者さんがどのようなブラッシングを行なっていて、磨き残しのある部分の説明及びブラッシングの指導を行ないます。歯周病治療は患者さんとの二人三脚で行なわれます。後日来院した際に、実際に正しくブラッシングが行なわれているかチェックします。その後に、ブラッシングの効果をあげるために目立つ歯石や着色などをクリーニングを行ないます。

4.スケーリング

歯肉縁上(歯周ポケットの上)にある歯石を除去します。この段階で、歯肉の健康状態や適切なブラッシングが行なわれているのか再度チェックします。又、状況によっては新たに治療計画を再検討したり、ブラッシングが正しく行なわれていない時は再度、ブラッシング指導・練習を行います。

5.スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

正しくプラークコントロールが行なわれているが、歯肉縁下(歯周ポケット内)に歯石があるために症状が改善されない場合、この歯石を除去します。ポケット内の歯石を除去する場合は、局所麻酔が必要になることがあります。

6.歯周外科処置 (歯の周囲の小手術)

スケーリング・ルートプレーニングを行ったが良くならない部位、健康な歯ぐきの獲得のために、ポケットの除去や、健康な歯ぐきの移植などをおこないます。健康な歯周組織を獲得することで、メインテナンスしやすい状態にします。

7.メインテナンス (定期検診とクリーニング)

歯肉の状態が健康な状態になったとしても、歯周病は完治することが出来ません。その為、継続的な定期検診と必要に応じてクリーニングを行いよい状態を維持していきます。歯周病治療は治療後のケアが大切なのです。

ページのトップに戻る

メイン部分のボトム