自由が丘デンタルスタジオ 自由が丘デンタルスタジオ

咬合と顎関節症。

当院におきましては以前より咬合(咬み合わせ)と顎関節症の治療に積極的に取り組んできました。

咬合の不具合や悪化がすべての顎関節症の原因ではありませんが、数ある

因子の中の一つであるといわれています。

自分自身、最近になってから夜間の食いしばりやスポーツの後のあごの疲労感や痛みを

感じるようになってきました。

同様の症状を訴えていらっしゃる患者さんにはマウスピース(スプリント)の使用をお勧めすることが

多いのですが、そろそろ自分用のマウスピースも作ったほうがよさそうです。

かみ合わせや顎関節症の知識がある自分のような歯科医師であっても無意識に起こることの多い

食いしばりを止めることはなかなか難しいようです。

あごの周囲に痛みや違和感のある方であっても、実際には関節自体に痛みを感じている方と、

その周りの筋肉に痛みを感じている方など様々な症状があり、その痛みの部位や、痛みが強く起こる

タイミングなどによって処置が変わってくる場合もございますのでまずは気軽にご相談ください。

北村

自由が丘の歯医者【自由が丘デンタルオフィス】土日診療/平日夜8時半

日付:   カテゴリ:未分類

ページ上部へ