自由が丘デンタルスタジオ 自由が丘デンタルスタジオ

根の治療

虫歯が大きく進行し、もともと歯の神経のあった部分まで

細菌が侵入する事により、神経が感染している状態の際に

根の治療が必要となります。

 

症状としては、、、

ズキズキ痛む

冷たい物や熱いものがしみる

といった症状です。

慢性になると、自覚症状がありません。

 

 

虫歯が神経にまで達しているので、

神経を取り除く処置をしなければなりません。

これを抜髄(ばつずい)と言い、これが根の治療です。

 

歯の根の治療が必要になる場合は2種類あり、

治療前に歯の状態により分けられます☆

 

神経を取り除く治療には、数回かかります。

 

 

★根の治療中の注意点がいくつかあります!!

 

・神経を取った後、硬いものなどを噛むと痛みが出るので、

治療している歯で食事をする事はしばらく控えるようにして下さい。

 

・治療期間中は、痛みが出ることがあります。

 

・痛みがなくなったからといって、治療の途中で放っておくと、感染症を起こし、

炎症が悪化してしまうので、治療期間が長引いたり、歯を抜かざるを得ないこともあるので

最後まできちんと通院しましょう。

 

 

橋本

 
 
 
 

自由が丘の歯医者【自由が丘デンタルオフィス】土日診療/平日夜8時半

日付:   カテゴリ:未分類

ページ上部へ