自由が丘デンタルスタジオ 自由が丘デンタルスタジオ

神経が無い歯の漂白。

右上の一番目の歯のように、虫歯や外傷によって神経が死んでしまった歯は徐々に変色してしまいます。

1.jpg

神経の治療をした後に、かぶせ物を入れて色調と機能を回復することもできますが、今回はなるべく健康な歯を削りたくないとのことであったため、ウォーキングブリーチ(神経を取った歯の中からの漂白)を行ったあとに、レジンと呼ばれるプラスチックで薬をつめていた穴と虫歯をとった穴を埋めました。
2.jpg
徐々に漂白の効果があらわれてきました。
7.jpgのサムネイル画像
神経を取るために削った穴と虫歯を取ったところ。
13.jpg
他の歯にも小さな虫歯があったため同じように虫歯を取った状態。
9.jpg
歯の削除を必要最低限にとどめ、レジンを使って穴を埋めた状態。
噛み合わせの調整も行い、機能的にも全く問題ありません。
14.jpg
かぶせ物を入れることなく漂白とレジンで審美的にも機能的にも回復することができました。右上の2番目の歯はかぶせ物の隙き間が気になってきているのでやり直しを検討中です。

自由が丘の歯医者【自由が丘デンタルオフィス】土日診療/平日夜8時半

日付:   カテゴリ:未分類

ページ上部へ