自由が丘デンタルスタジオ 自由が丘デンタルスタジオ

遊離歯肉移植

歯肉は口腔内細菌から歯を守る重要な役割をもっています。

歯肉が無い場合や歯肉の量が少ない部位では、虫歯や、歯周病に罹患しやすくなります。

この理由として、歯肉がないとブラッシングがしにくいことがあげられます。

今回は、歯肉の量が少なくブラッシングがしにくい環境を

歯肉移植により改善することができた症例です。

 

治療前

写真の赤い線より上が歯肉です。それより下は頬の粘膜になります。

歯肉の量が少なく、最終的な被せ物をするには不安が残ります。

(写真は仮歯が入っている状態)

なぜならば、ブラッシングがしにくいため、被せ物が長持ちしないことが予想されるからです。

 

治療中

そこで歯肉を増やす治療をさせていただきました。

この方法は自身の上顎の舌側の歯肉を移植する方法です。

外科的な治療にはなってしまいますが、長期的な予後を考えるならば、非常に有効な方法です。

 

治療後

治療後6か月の状態です。

治療前と比較し、歯肉が増えているのが確認できます。

(赤い線より上が歯肉)

その後、仮歯を最終的な被せ物にして、現在メインテナンスを行っていますが、ブラッシング状態は良好です。

このように、口腔内の環境を改善するには様々な方法があります。

自由が丘の歯医者【自由が丘デンタルオフィス】土日診療/平日夜8時半

日付:   カテゴリ:未分類

ページ上部へ