自由が丘デンタルスタジオ 自由が丘デンタルスタジオ

ボロボロになる前に歯医者に行きましょう

みなさん、定期的に歯科医院へ通っていますか?今回の症例は、仕事が忙しく歯医者に行く時間が作れなくて放置してしまった症例です。
初診時のレントゲン写真と口腔内写真です。どこで噛んで食事をしているのか歯科医である私にもわかりません。まずは、保存可能な歯と不可能な歯をしっかり
審査していきます。残念ながら上顎は左側を除き、保存不可能と判断しました。

初期治療が終了した写真が下記になります。仮の歯・入れ歯を入れて食事ができる様になりました。

ここまでくるのに約1年かかっています。ここからかみ合わせの微調整を行い、それを最終的な人工物に置き換えていきます。 最終的な状態が下の写真になります。

このように修復することは可能ですが、もう少し早く歯医者に来ていれば、抜歯を回避できたと思われます。治療した歯が多ければ多い程しっかりメインテナンスを行いましょう。人工物に絶対はありません。お口は第一消化器官です。健康はお口から!

自由が丘の歯医者【自由が丘デンタルオフィス】土日診療/平日夜8時半

日付:   カテゴリ:未分類

ページ上部へ