自由が丘デンタルスタジオ 自由が丘デンタルスタジオ

骨の再生

左側で噛むと痛いという主訴で来院された患者様です。

左下奥歯のレントゲン写真です。

歯周病と噛み合わせの問題により歯が揺れていました。

根の治療にも問題があります。

この歯が痛みの原因です。

レントゲンの赤い線(根の先)まで歯を支えている顎の骨が吸収してしまっています。

このような場合、まず、根の治療を開始し、根の中に入り込んでいる細菌を除去していきます。

同時に、歯が揺れてしまっているので、隣の歯を利用して固定をし、揺れを無くす必要があります。

さらに、顎の骨の吸収してしまった空間に歯周病を引き起こす細菌が入り込んでしまっているので、細菌を取り除く治療も行います。

以上の治療を行った後(約1年後)のレントゲンです。

顎の骨が赤い線まで再生しているのが確認できます。

最初は揺れていた歯が、さまざまな治療をすることで揺れも症状もなくなり、しっかり噛めるようになりました。

このように、歯周病や不適切な噛み合わせによって顎の骨が吸収してしまった場合でも、治療をすれば、個人差はありますが、顎の骨が再生してきます。

今回の症例のように、出来る限り、ご自身の歯を保存して、しっかり噛めるような治療を心がけています。

自由が丘の歯医者【自由が丘デンタルオフィス】土日診療/平日夜8時半

日付:   カテゴリ:未分類

ページ上部へ