インプラント
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

iPS細胞。。。

 

iPS細胞とは人工多能性幹細胞のことで、その役割が決まっていないため、

どんな臓器にでもなれる可能性をもつといわれています。

 

つまり、患者さんの皮膚などから採取して作製したiPS細胞を心筋細胞や肝細胞、

膵臓細胞、神経細胞等に分化させ、これらを移植できるようになれば、

将来的に再生医療に使用できる可能性があります。

 

 

20090415org00m040004000p_size5[1].jpg 

 

 

歯科の分野においては、皮膚ではなく歯茎から採取して作製したiPS細胞を

神経や軟骨に分化させることに成功したようです。

またマウス実験において、歯茎から採取した細胞によるものは

従来のものと比較して作製効率が7倍以上高いことが確認されています。

 

これらの技術を応用すれば、虫歯や歯周病で失った歯や骨を再生し移植することも

遠い未来のはなしではなさそうです。 

 

 

だからといって歯磨きをしなくて言い訳ではありません。

 

 

インプラントなどの手術では、成功率を上げるために日ごろの歯磨きの徹底や

禁煙が有効です。

 

 

再生した歯や骨を移植する際にも同じことが考えられます。

 

 

いつでも最新の治療を受けれるように、日々の歯磨きをがんばりましょう。

 

 

北村

 

 

 

自由が丘 歯科 歯医者

ページのトップに戻る

メイン部分のボトム