自由が丘デンタルスタジオ 自由が丘デンタルスタジオ

初期齲触

雪が降ったり暖かくなったり、気温の変化が

激しいですが、風邪などひいていませんか?
花粉症の方も厳しい季節ですね・・・
花粉も温度も早く落ち着いてほしいです。
歯に白い斑点ががある方いらっしゃいますよね。
初期の虫歯ですが、条件さえよければ健全なエナメル質に
変化することがあります。
歯が溶けるときにエナメル質表面で盛んに行われる
唾液やプラークのカルシウムイオンやリン酸イオンの
交換によって歯の表面にリン酸カルシウム(歯の成分)
が生成され、再石灰化することによってエナメル質を補って
いくからです。再石灰化の速度は個人や条件によって
異なります。これが個々の齲触発生リスクに関係します。
間食回数が多いと、口腔内が酸性になる頻度が増え、
虫歯になるリスクが高くなります。
再石灰化は唾液やプラークに対するフッ素イオンの関与が
  
重要であるとされています。
日常的なフッ化物応用を行うことが重要です。
歯科でフッ素塗布も行っています。
歯磨き粉にはフッ素が入っているものも多く市販されて
います。
日々、歯のため、健康のため、歯磨き頑張りましょう。
            寺戸 あや

自由が丘の歯医者【自由が丘デンタルオフィス】土日診療/平日夜8時半

日付:   カテゴリ:未分類

ページ上部へ