自由が丘デンタルスタジオ 自由が丘デンタルスタジオ

被せ物と根管治療の関係


 

右側で咬んだ時の違和感を主訴にいらした患者様です。

一通りの診査を終えて大体の目星をつけレントゲン写真で確認してみると・・・

 

根充 (1).JPG 

 ↑レントゲン写真の赤矢印部分の骨が溶けて黒くなっているのが分かります。

薬も根の先まで入っていません。

一度治療したにもかかわらず再び感染(炎症)が起きてしまった状態です。

被せ物には大きな問題はなくても根っこの治療(根管治療)するために被せ物を壊さなくてはなりません。

 

根充 (2).JPG 

↑根管充填が終わった状態です。 

 綺麗に薬が詰まりました。仮の歯で実際に使用していただいて問題がないのを確認してから最終的な被せ物を作りました。

 

根充 (3).JPG 

↑術後1年半経過のレントゲン写真です。

根の先の黒い部分もしっかり骨で満たされて健康な状態になりました。

 このように被せ物に問題がなくても根っこに問題があると、治療の回数も時間も新たな被せ物の治療費もかかってしまいます。 

被せる前にはしっかりとした診査・診断が重要になってきます。

 

 

 

 

自由が丘の歯医者【自由が丘デンタルオフィス】土日診療/平日夜8時半

日付:   カテゴリ:未分類

ページ上部へ