インプラント
セカンドイメージのドロップシャドウ
メイン部分のトップ

CT

 こんにちは。

ここ数日は、益々寒くなりとても乾燥しているので、

充分な手洗い、うがいで風邪やインフルエンザには気をつけて下さい!!

 

 

 当院では、年末の改装の際に新たにCTを導入しました。

 

 CTとは、Conputed Tomographyの略で、

コンピューターで画像の処理と再構成で、

3D画像と断層画像を得られる装置です。

 

主にインプラントや親知らずの治療に用いられますが、

三次元的な高画質な画像により、従来のパノラマ写真

(一般的に歯科で撮影する全体が写る横長の写真)では見えず、

判断のしにくいところも、診断することができます。

 

また、CTの3D画像は患者さんにも分かりやすく、

見えない部分を把握する(正確な骨量を把握する)ということは、

安全性や確実性において、患者さんにとって、とてもメリットがあります。

 

具体的には、インプラントの診断以外にも、

歯周病による骨欠損の把握、再生療法の診断と経過、

根尖病巣の診断、根管形態の診断、歯牙と歯根の破折の診断、

虫歯の診断など、多くの診断がより確実に可能になりました。

 

私も、これから直接患者さまの歯周病の治療のなかで、

CTが役立ち、活躍することを期待しています。

 

 

 歯科衛生士 竹永 薫

 

 

 

 

自由が丘 歯科 歯医者

ページのトップに戻る

メイン部分のボトム