自由が丘デンタルスタジオ 自由が丘デンタルスタジオ

磁石を使用した総義歯

 

上下ともに義歯(入れ歯)をつけられた患者様が来院されました。

 特に上の義歯が動くとのことでインプラントも視野に入れ、治療をしていきたいとのことでした。

 

1227.jpg1228.jpg

使用中の義歯(入れ歯)を入れた状態です。 

向かって左側には歯に引っ掛ける『ばね』がついていません。これでは義歯の固定は得られません。

 前歯4本が前に飛び出ているように見えます。歯周病と?み合わせ両方が病的な段階に進んでしまっていることが考えられます。

 

治療計画として・・・

   1:インプラントを打ち、その上に歯を作っていく

   2:歯並びとかみ合わせの改善も行っていく

1029.jpg

義歯を外した状態です。骨を3次元的に把握する為に、CTを撮影しました。

 

残っている上4本は歯周病の進行が著しく、残すメリットが少ないと説明し抜歯することにしました。

奥歯に関しては骨の量が少なく、前の方しかインプラントを打つことができませんでした。

 

よって・・・

 

上には4本のインプラントを打ち、その上に磁石をおいて義歯を固定していくことにしました。

下は残っている歯にこちらも磁石を利用して義歯を固定していくことにしました。

 

磁性総義歯.jpg
 

真ん中2本を治療用義歯の固定のために残してあります。

その周りにインプラントを埋めました。

埋めてから6週から8週間で機能させることが多いですが、今回のケースでは少し骨が軟らかかったこともあり、6ヶ月経過をみました。

 

2770.jpg2771.jpg

真ん中2本も抜歯して3ヶ月が経過し、歯茎も綺麗に落ち着きました。

最終的な義歯を作るために型採りを行います。

 


2823.jpg
2824.jpg
 

 最終的な義歯が入りました。

歯並びも綺麗になり、噛み合わせもしっかりしました。

 

2826.jpg磁石を利用することで義歯のデザインも小さくすることが可能です。

違和感も少なくすることができました。

2830.jpg

 口元も自然な仕上がりになりました。

患者様にも大変喜んでいただきました。

 

メンテナンス頑張っていきましょう。


 

 

 

 

自由が丘の歯医者【自由が丘デンタルオフィス】土日診療/平日夜8時半

日付:   カテゴリ:未分類

ページ上部へ